18きっぷで南東北の旅(4)

18 きっぷのたび最終日。

台風・大雨は過ぎ去りました。鶴岡741発村上行きに乗ります。が、いきなりの25分遅れです。806に鶴岡を発車しました。この後、順調にいけばいいのですが...

日本海に注ぐ川も茶色く、海もにわかに茶色く見えました。

GV-E400系 あつみ温泉駅 笹川流れ

以前、鶴岡に四季島を出迎えるために来た時は、朝から羽越線が運転見合わせで、新潟まで代行バスで移動しましたが、見合わせ出ない分、その時よりは状況は良いのでしょうが、速度規制がかかってる区間があり、遅れを挽回したり、元に戻ったりで、村上に25分遅れのままで到着しました。

この時点で、村上で乗り換えるつもりでいた列車の発車時間は過ぎており、実際、すでに発車済みでした。このまま普通に乗り続けても、この先、どうなるかわからす、最悪、今日中に三国峠を越えられないかもしれません。

ならばと、この旅2度目のワープを発動して「いなほ」に乗ります。特急とはいっても速度規制は免れず、「いなほ」が村上を発車したのは定刻から17分遅れでした。それでも、なんとか、当初予定していた長岡行きには間に合う時間に新潟到着できました。遅れの挽回もほんのわずかで16分遅れの到着でした。

すると、今度は、長岡行きの電車として折り返す新潟行きの電車が遅れるとの案内放送が聞こえてきました。途中36分遅れとのこと。こうなったら、待つしかありません。

長岡行きの発車は定刻の30分遅れ。長岡到着は、普通電車としてはなかなかの挽回で17分遅れまで回復しました。到着と同時に発車となるはずの水上行きが接続をとってくれました。水上行きは約4分遅れで発車。三国峠を無事に越え水上定刻到着となりました。

水上ダッシュ(?)で高崎行きのロングシートに収まり、高崎行きは順調に走り、高崎で上野東京ライン経由東海道線小田原行きG車の乗って締めくくりました。

* * * * *

乗り鉄記録。

◎鶴岡→村上 羽越本線 GV-E401-16(1) 822D
◎村上→新潟 羽越本線・白新線 クハE653-1001(7) いなほ6号(6M) U101
◎新潟→長岡1332 信越本線 クモハE129-26(1) 438M 26
◎長岡→水上 上越線 モハE128-22(2) 1736M B22
◎水上→高崎 上越線 クモハ211-3009(4) 744M A9
◎高崎→品川 高崎線・東北本線・上野東京ライン・東海道本線 サロE231-1027(5) 1929E U536

この記事へのコメント